本文へスキップ
index company contact nsrc


TOPICS



当社の防除方法は、従来の薬剤噴霧や散布する方式と違い、 臭いも少なく施工時間を問いません。 飲食店様は営業中でも施工可能です。



←ゴキブリ防除事例集はこちらから御覧ください



低コストで防除効果のある施工法で快適・安心空間を提供します。

ねずみの防除対策にお困りの店舗・工場様におすすめです。



←ねずみ防除事例集はこちらから御覧ください



施工代理店募集

当社では、より効率的できめ細やかなサービスをお客様に提供することを目的として『パートナーシップ制度』を採用しています。 この制度は、社外にパートナー網を組織し、営業活動することによってお客様との接点をつくるというものです。 お気軽に、お問い合わせ下さい。

募集勤務地
全国
※特に大阪を中心とした関西方面の業者を急募しております。
必須条件
都道府県の登録業者に限る。

害虫ニュース

ダニ媒介脳炎、23年ぶり患者確認 厚労省が対策強化
厚生労働省は、ウイルスを持ったマダニにかまれて起きる「ダニ媒介脳炎」が北海道で確認されたと明らかにした。 患者は40代の男性で、国内での感染確認は1993年に北海道で見つかって以来2例目。厚労省は、ダニ対策の強化を都道府県などを通じて求めている。  厚労省によると、男性は7月中旬に道内でダニにかまれ、意識障害やけいれん、髄膜炎、脳炎などの症状が出た。海外への渡航歴はないという。  ダニ媒介脳炎は、蚊が媒介する日本脳炎と同じ分類のフラビウイルスによる感染症。海外では死亡や後遺症が残ったケースも報告されている。
ダニ媒介脳炎で死亡、国内で初 北海道の40代男性
北海道は15日、野外でマダニにかまれた道内の40代男性が「ダニ媒介脳炎」を発症し、死亡したと明らかにした。 この病気の国内での確認は1993年に北海道で見つかって以来2例目で、死亡は初めてという。  厚生労働省によると、ダニ媒介脳炎はフラビウイルスが原因で、このウイルスを持ったマダニがいない地域では感染は起きない。  北海道の一部地域でウイルスが見つかっている。人から人に直接感染することはないとされる。  潜伏期間は7〜14日で、発熱や筋肉痛などのインフルエンザに似た症状の後、髄膜炎や脳炎を起こす。海外では多数の死亡例が報告されている。  道によると、男性は7月中旬に道内の草やぶでマダニにかまれ、8月13日に死亡したという。道は、草が茂った場所では長袖、長ズボンを着用するよう注意を呼びかけている。
yahooニュース(朝日新聞記事)から転載しております。

新着情報

2015年02月12日
スーバーマーケット・トレードショー2015に出展致しました。弊社ブースにお越し頂きました皆様ありがとうございました。
2013年08月15日
INTER-FOOD JAPAN 2013 店舗環境改善展は盛況のうちに閉会致しました。弊社ブースに来ていただいた皆様ありがとうございました。
2013年07月30日
2013年8月5日、6日、7日に外食・小売産業活性化のための専門展示会  INTER-FOOD JAPAN 2013 店舗環境改善展  に出展いたします!!
2013年02月12日
サイトをリニューアルしました。



バナースペース

日本防疫PV






ブログ




害虫カレンダー